まべぶろ@excite

オタク界の裏街道をひっそりと生きる生物の煩悩メモらしい
by mvrk
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
当ブログについて
■未成年の人は見ないでください。
■成人でも変態紳士でない人は見ないでください。

■2010.01.01より過去ログ公開・臨時連絡用となりました。
移転先:
まべぶろ@livedoor
カテゴリ
以前の記事

PARAGON Drive Backup 9 Express

 従来のバックアップは個別ファイルの手動コピーと、KNOPPIXのパーティションバックアップ機能で行っていたんですが、今回は「ねとらん」で知ったDrive Backup 9.0 Expressを導入してみました。
 で、まだ環境がほとんど育ってない状況なので、リストア負荷が軽いうちに意図的にロールバックを試してみることにしました。
 万一途中でクラッシュしても、大事なファイルはNASに逃がしてあるから大丈夫。

 まずバックアップウィザードで外付けHDDにイメージファイルを書き出し。約5GB+1GBのシステムとデータのパーティションは10分足らずで処理されました(このときはトイレに行ったので正確な時間は不明。戻ってきたら完了してた)。
 次にWindowsが立ち上がらなくなってもリストアを行えるように、ブータブルのリムーバブルメディアを作成。任意のフォルダを追加できるみたいなので、真辺は最低限のドライバ/アプリのファイル込みのマイドキュメントを指定して、DVDに焼いてみました。
 ちなみにでかいフォルダを追加しなければCD-Rでもいいし、1GB~ぐらいのUSBメモリでも当然OK。
 DVD上のDriveBackupが立ち上がって操作可能(GUIでマウスもOK)なところまで確認していったん終了。Windowsに戻って、何をするかなーと考えて、わざとSP3を入れてみることにする。
 SP3を入れただけでは、NASへのドメインアクセスは「イントラネット」のままだった。
 じゃあついでにとIE7を入れてみる。あれあれ? NASへのドメインアクセスが「インターネット」になってしまいましたよ?
 IPアドレス指定でのネットワークドライブアクセスはSP2の段階でも「インターネット」なんだけど、IE6→IE7でインターネットゾーンからのファイルコピーが強制で警告ダイアログ表示になってしまうということだった模様。
 前のときはゾーン別のセキュリティの設定で「ファイルのドラッグ&ドロップまたはコピー/貼り付け」を「有効」にしてもダイアログ表示が消えてくれなかったんですけど、今回もそうなるのかまでは確認し忘れてリストアに進んでしまいました。とにかく前のときはインターネットゾーンの設定をどんなにゆるくしてもダイアログを消せなかった。

 はい、というわけで悪者はIE7であったと決め付けることができたので満足してw、イメージファイルの書き戻しをしてみました。
 あらためてDVDから起動して、リストア処理を選択。イメージファイルを指定するダイアログが出るので、フォルダの中に複数できていた中から「main」とついているファイルを選択してみる。
 問題なく処理が始まり、6~7分ぐらいでリストア完了。
 DVDを抜いてPCを再起動すると、何事もなくSP2のスッキリ環境に復帰しました。

 ちなみにどこらへんが当社比スッキリなのかというと、

・上記のセキュリティ名目の余計なお世話がなくてスッキリ
・OSのアイドル時デフラグ処理をすべて切ったのでスッキリ
・セキュリティソフトも最低限にしたのでスッキリ
・NTFSのインデックス作成を切ってるのでスッキリ(これは以前から常にやってる)

 放っておいてもPCがゴリゴリ言わなくなったので気分いいです。
 WD10EADS自体、交換前のWD2500JBJSより格段に静かっぽい。
[PR]
by mvrk | 2008-12-28 07:34 | PC関連
<< SP3とかIE7 けっこうすったもんだしたPCメンテ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧