まべぶろ@excite

オタク界の裏街道をひっそりと生きる生物の煩悩メモらしい
by mvrk
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
当ブログについて
■未成年の人は見ないでください。
■成人でも変態紳士でない人は見ないでください。

■2010.01.01より過去ログ公開・臨時連絡用となりました。
移転先:
まべぶろ@livedoor
カテゴリ
以前の記事

LAN接続ハードディスクの中身を換装

 真辺の使っているLAN接続HDDはロジテックのLHD-LAN160Gという製品(LHD-LANE/Gシリーズ)なのですが、型番のとおり160GBしかないので、あれこれ逃がしていくとだんだん手狭になってきていました。
 なので、今回サブPCのHDDが飛んだのを機に、LAN HDDの中身をより大容量のものに交換して、元の中身をサブPCに移植するのを試してみることにしました。
 もし交換がうまくいかなかったら新たに購入したHDDはそのままサブPCに装着すればいいので、ノーリスクなのでございます。

 で、結果から言うと成功しました。ウヒョ。
 LHD-LANEユーザーの2chでの報告のように自動では初期化してくれなかったんですが、INSTALL BUTTONというリセットスイッチがケース外側はマスクされたかたちで実装されていたので、OEM元
http://www.synology.com/enu/support/download.php
のDS-101のドキュメントを適当に読んで、
「スイッチを4秒以上長押し→ビープ音→10秒以内に再度4秒以上長押し→ビープ音」
でイニシャライズが行われると書いてあり、そのとおりに操作すると無事HDDのフォーマットを開始してくれました。
この操作もあとからよく見たら書いてる人がいた。(;´∀`)

【LOGITEC】LHD-LANxxx について【NAS】
http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/hard/1095612424/
 
 装着したのはSeagateのST3320620Aで、交換時に確認したら元のSumsungのSP1604Nより若干消費電力が大きかったんですが、長持ちしてほしいと思います。
 取り外したSP1604NはサブPCでフォーマットしたらなぜか一発でフォーマットできなかったので、(クイックフォーマットをかけたあと)念のためにスキャンディスクで不良セクタチェックをしました。記憶が正しければすでに2夏1冬を無問題で過ごした個体なので、まぁあまり心配はしていません。LAN HDDが復活した以上、用途は孫バックアップなので。

 ちなみに飛んだHDDはMaxtorの6L120P0です。バックアップデータをたらふく食わせたら調子が悪くなったというお約束で有終の美を飾ったというか…。
 SMOOTHチップが焼けたとかではないんですが、PCに接続するとWindowsの起動がきわめて遅くなって放置してもシェルまでたどり着けないので、面倒なので死亡扱いにします。
 真辺自身が現在最も信頼を置いているのはWesternDigitalのHDDですが、秋葉まで行くのがかったるかったので、池袋のビックで扱ってたSeagateのIDEでお茶を濁しました。
[PR]
by mvrk | 2008-01-17 19:22 | PC関連
<< 「NAS」っていう一般名称を忘... 投稿1年に1回かよ! >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧