まべぶろ@excite

オタク界の裏街道をひっそりと生きる生物の煩悩メモらしい
by mvrk
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
当ブログについて
■未成年の人は見ないでください。
■成人でも変態紳士でない人は見ないでください。

■2010.01.01より過去ログ公開・臨時連絡用となりました。
移転先:
まべぶろ@livedoor
カテゴリ
以前の記事

小竹向原という土地

 住民票とったら、自分が現在のここに来たのは平成6年だそうな。
 15年も住んでたわけだけど、使い勝手や構造、設備、周辺環境、いい思い出はない。
 表には出ない話だけど、長年この近所をうろついて感じるのは、小茂根から大谷口のあたりや、氷川台方面とか、今でこそただの住宅地だけど、昔にさかのぼると土地柄がいまいち良くないんじゃないかってこと。
 精神病院、養護学校、鑑別所といったやや特殊な施設があるということは、そういう施設をもってくるのにあまり抵抗がないという理由は確実にあっただろう。
 地形的に想像するに、氷川台のあたりは石神井川の遊水地。つまり荒地。
 小茂根から大谷口は段々畑と入り組んだ水路で、水路の周辺は部落。
 まあなんかね、そういう場所。
 隣家の住人は耳障りな変な物音立てるし、向かいの家からも長年嫌がらせを受けていたらしいことが最近になって分かったので、こんなところはさっさと逃げ出したほうがいいというのが現在の真辺の現状認識です。
 (対抗措置を講ずるのが難しいので、粘ることに意味がない)

 西武池袋線沿線とか、地上の鉄道が引かれる地域ってのは、もともと開けているとかいった理由があるのだなと気づかされますね。
 つまり移れるなら寄らば大樹の陰ではないけど、そういう“安定した”地域のほうがやっぱり住み心地はいいような気がします。
 10年20年先で考えても、都心とはいえ中間地域の未来はそんなに明るくないと思います。

 なんでこんな所にろくに下調べもせず「終の棲家」を作ろうと決断したのか。
 俺は子供だったからしょうがないけど、親というものもたいがい、大した想像力はないものですね。
[PR]
by mvrk | 2008-08-24 02:31 | 雑感
<< 未来が明るくないとは書いたけど 新居決めてしまった >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧